とても感動した映画でした

a4e0090b066d021c2f8a306000049802

突然ですが、皆さん映画「永遠の0」を見に行かれましたか?

私はタカスギの社員に紹介をされて小説から入り、映画を見ました。
いやー正直やられました。

原作を読んで映画を観るパターンは、今までほとんど不発に終わってました。
今回は百田尚樹さん最高でした。
もう一回見てもいいなって初めて思いました。

紹介してくれた社員のおじいちゃんは、実際の特攻隊の零戦パイロットだったそうです。

近くに(近いわけではないですが)そういった人が実在することも凄く惹きつけられました。
そのおじいちゃんは機体の不調で特攻できずに不時着されたそうです。
そうでなければその社員も存在しない事になりますよね・・・

そういった事を考えると、戦争って何で起きるの?
なぜ同じ人類で殺し合うの?
なぜ?なぜ?なぜ?ってなってきます。

映画の中で「特攻隊は9・11のテロと同じじゃないか」という言葉にキレてその場から
立ち去るというようなシーンがありますが、映画を見ている時は絶対に違う!
と思っていた自分が、終わってすぐ本当に違うのか?って少しでも思ってしまった自分もいました。

自分たちの命を懸けて何かを訴える・・・というところでは同じじゃないかって思ってしまっていました。

それから太平洋戦争についての映像・本をとにかく見てみました。
違います。絶対に違います。テロはテロなんです。特攻隊の考えとは絶対に違いました。

すいません、話がどんどん別方向に・・・

普段こんなに考え込む人間ではないので・・・
皆さん「永遠の0」見てみてください。岡田准一くんもカッコイイし三浦春馬くんもカッコイイし!
お勧めしますよ(^O^)

ちなみに映像とか本を見まくっていた自分に奥さんが永遠の0の焼酎を買ってくれました。
ありがとうございます。
焼酎


カテゴリー: スタッフブログ

タグ:, , ,

このブログを書いた人

名前
松田 浩助
所属
注文住宅事業部
事業部
営業部
血液型
B
趣味
釣り・ゴルフ・スノボ
一言
自分もタカスギでマイホームの夢を実現させてもらっています。その経験をもとに家造りのお手伝いをさせて頂きます。

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問