いまさら聞けない!分譲地ってなに?

皆さんからよく質問のある、家や土地に関する疑問をブログを通して解消していきたいと思います。

 

ということで早速ですが、今回は「分譲地」についてのいろんな疑問をクリアにしていきたいと思います。

 

そもそも、「分譲地」とはなんなのでしょう?はっきり説明できますか?

 

分譲地について素人の方でも分かりやすくまとめてご紹介します。

 

 

いまさら聞けない!分譲地ってなに?の挿入画像1

分譲地の定義・・・

●住宅用の土地ではないところ(田畑や空き地など)を造成・区画を整理して、宅地として開発された土地

 

●広い土地を不動産業者などが買い上げ、それをいくつかに分けて販売している土地のこと

 

●値段表示は基本的に土地だけの値段

 

●分譲地は「※建築条件付き宅地」と「分譲宅地(建築条件なし土地)」に分けられる

※建築条件付き宅地・・・決められた施工会社を使って建築することを条件とした宅地。

 

●「建築条件付き宅地」とは、その土地を販売している不動産業者が決めている施工会社を使って建築することを条件とした土地で、また、「分譲宅地(建築条件なし宅地)」はその逆で、施工会社が決まっていない土地をいう

 

建築条件付き宅地とは、ざっくりと言うと、不動産業者が宅地用に造成・開発された土地を販売して、家を建てる時に不動産業者が指定した施工会社を使って建ててください。という土地です。

 

では、その分譲地を買うにあたって、一番気になるのはそのメリットとデメリットですよね。安心してください!そちらもご紹介します!

 

いまさら聞けない!分譲地ってなに?の挿入画像2

分譲地の特徴によるメリットとデメリット

●分譲地は、あらかじめ水道や電気などのインフラが整備されているから、土地購入を予定した時点で家を建てるのにどのくらい費用がかかるのかある程度予測がつくので安心感がある。

 

分譲地以外で家を建てようとした時、土地だけを購入して安心してはいけません。

購入した土地でも、そのまま家を建てることが出来ない場合があるのです。

 

まずは土地購入を予定した時点から上下水道などのインフラ整備状況を確認しなければないけません。

上水管は水道局で、下水道管は公共下水道台帳図で確認することができます。

 

もし敷設されていなかった場合、数十万円の費用をかけて工事をしなければなりません。

道路の交通量が多かったり、引き込む水道管の距離が長くなるなどの場合、総額が100万円を超える可能性もあります。

 

他にも高低差があれば造成費用、土留めの為のL型よう壁やコンクリートブロックなどが加わればかなりの予算UPにつながります。

 

また、どんな大きさの建物が建てられるか、地盤の状況は大丈夫かなどさまざまなことを調べなくてはいけません。

 

このように土地購入時点で家を建てるのにどのくらい費用がかかるかを予測するには専門的な知識がない限り難しい。

 

この点を考えると、最初から必要な費用などがある程度予測がつく分譲地の方が安心して家を建てられますね。

 

●同時期に同年代の人が家を建ててあつまることが多く、お友達が出来やすい。

●公園・学校・スーパーなどが近いことが多く、暮らしやすい。

この二つは関係性が強いので並べて書かせてもらいました。

 

分譲地は公園や学校が近いことが多く、子育て世代には特におすすめです。

新しい土地にほぼ同時期に家を建てて住み始めるので、昔からあるコミュニティーに後から入るより、初めから新しいご近所さんとのコミュニティーを築きやすいでしょう。

 

子どもたちにも、学校の友達と家が近く、公園まであり、すごしやすいと思います。

 

しかし調べていると、分譲地に家を建てて住んでいる奥様たちのいろいろな意見を見つけてしまいました。

その中でも多かった言葉が「近所付き合いが面倒くさい」や「挨拶程度のお付き合い」でした。

 

考えてみると井戸端会議の光景も最近じゃあまり見かけなくなったような気がしますね。

地域の清掃作業やイベントごとでも、参加しているのは男性が多くなってきているようです。

 

最近の女性は近すぎる人間関係を好まないのでしょうかね。

計画の際には奥様とのしっかりとした話し合いをお勧めいたします。

 

いまさら聞けない!分譲地ってなに?の挿入画像6

●建築条件付き宅地でも自由度が高い家を建てられます。

建築条件付き宅地の分譲地で家を建てる際に、施工会社は決まっていますが、周囲とまったく同じ家を建てなければいけない!という所までは条件には含まれておりません。

 

施工会社と相談をして、自分の好きな間取りや仕上げで家を建てることは可能です。

 

区画が整理されており、道幅や家同士の間隔も一定に保たれているため、住宅街の見た目がきれいなのも特徴です。

 

個性的なマイホームを計画しておられる方は、施工会社を調べて、より理想に近い家を建ててくれそうな会社をさがすところから分譲地購入を考えてもいいかもしれません。

 

いまさら聞けない!分譲地ってなに?の挿入画像3

「建築条件付き宅地」について

先ほどから分譲地の話をしているときに、やたらと出てくる「建築条件付き宅地」。

ここではこの「建築条件付き宅地」について調べてみました。

 

建築条件付き宅地とは・・・

建築条件付き宅地とは、宅地の売主が前もって土地に対して建築する施工会社を決めている土地のことです。

そもそも分譲地の販売形態にはどんなものがあるのでしょうか。

 

分譲地の販売形態は3種類ある

分譲地の販売形態は、大きく分けて「分譲宅地」・「建売住宅」・「建築条件付き宅地」の3種類となります。

 

●分譲宅地

造成をして、水道や電気などのインフラも整えてある土地を販売しています。

自分の選んだ建築会社で、間取りも仕上げ材料も自由です。

契約は、土地だけの売買契約。ただし、約1ヶ月ほどで土地決済が必要となります。

 

●建売住宅

土地と一緒に、すでに建っている家を売っています。

まだ完成していない、着工中の家も「建売住宅」に含まれます。

 

建築するとき、その建物には「建築確認番号」がつけられます。

この「建築確認番号」が表示されている物件はすべて、「建売住宅」となります。

 

マンションなども、この「建売住宅」になります。

法律で「建築確認番号」の表示がない物件は売ることができません。

契約は、土地と建物の売買契約となります。

 

●建築条件付き宅地

「家を建てるときは、この施工会社で建築してください。」という条件の付いた宅地を売っています。

間取りなどについては自由に出来ます。

 

しかし、工法や使用する機器・材料については施工会社によっては使用できない場合がある。

契約は、宅地の売買契約と、建物の工事請負契約をそれぞれ結ぶこととなります。

 

いまさら聞けない!分譲地ってなに?の挿入画像4

建築条件付き宅地は、売り手側にも条件が定められている

そもそも、家を建てることを条件に土地を売るのは、「独占禁止法違反」になる恐れがあります。

ではなぜ堂々と、家を建てることを条件に土地を売っている「建築条件付き宅地」を扱うことが出来るのでしょうか。

 

「建築条件付き宅地」を売るための3つの条件

●宅地を売ったあと、建築請負契約を結ぶまでに数ヶ月の期間を設けなければならない

土地を買ってから建築請負契約を交わすまでに、3ヶ月ほどの猶予を設けなければいけません。

つまり、土地購入後3ヶ月の内にはちゃんと契約を結んでください。という約束をするのです。

 

平成15年の3月からは「3ヶ月」という具体的な期間は廃止されて、任意の期間内に建築請負契約すればよい。となっていますが、今でも名残で土地購入後3ヶ月以内と設定しているところは多いです。

 

土地を購入した側は、3ヶ月の間で、住宅プランや見積もりをしてもらい建築について打ち合わせをします。

打ち合わせの結果、希望する内容に満たない場合、3ヶ月以内であれば解約することも出来ます。

 

●施工会社を明確に提示しなければならない

その家を建築する施工会社をはっきりとさせなければならない。

基本的には土地を売り出している会社がそのまま施工するので、「どこの業者が建ててるんだろう・・・」という事はありません。

法律でも建築を請け負うことが出来るのは、「土地の売主」、「売主の子会社」、「売主の代理人」だけです。

 

●建築請負契約が成立しなかった場合、受け取った金銭を全て返却しなければならない

土地を購入して、建築請負契約が成立せず解約となった場合、全額を返金しなければいけません。

ここでの「全額」とは、預かり金や土地購入の代金を含んだ、売主に支払ったお金すべてのことです。

 

気に入った「建築条件付き宅地」を見つけたときは、住宅プランや見積もりを出してもらうところまで話を進めてみるのもいいと思います。

良い内容でプランと見積もりが出来たならそのまま家を建てることができますからね。

 

いまさら聞けない!分譲地ってなに?の挿入画像5

まとめ:「分譲地」について

と、言うことで今回は「分譲地」について、いろいろご紹介しました。

 

なんとなくご存知の方も居ると思いますが、ちゃんと理解しておくと分譲地を選ぶ際に失敗しません。

家を建てよう!と思ったら、住宅会社の人に話しを聞くのも良いですが、まずはこういう知識を入れておかれると話しや交渉もスムーズですし、心にゆとりが出来ておススメですよ。

 

また気になるワードがあったらご紹介しますので、ぜひまた読んでください!


カテゴリー: お役立ち情報

タグ:, ,

このブログを書いた人

名前
内田 翔大
所属
熊本本社
事業部
企画部
血液型
B
趣味
お酒・トレーニング
一言
Web担当の内田と申します。 だいたいの方から"うっちー"と呼ばれるので、気軽に呼んでください。 お客様のためになる情報だけを分かりやすくお届けできるよう努めます。

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問