部屋に絵を飾って雰囲気を演出!おすすめの6パターン

新しい家に引っ越してインテリアもそろえたけど、

何か物足りない・・・・。

 

初めは新鮮だった新しい家も長年住み続けたら、

飽きて雰囲気を変えたくなった・・・・。

 

こんな風に思う方は少なくないと思います。

雰囲気を変えるために壁紙を変えるのは手間ですし、

お金もたくさん掛かります。

そもそも賃貸は壁紙の変更が許されないことが大半です。

 

そんな時に手軽にお部屋の雰囲気を変えるおすすめの

手段がお部屋に絵を飾ることです。

 

私は絵についてもインテリアについても

まったくの素人ですが、絵を一つ飾るだけで

お部屋の雰囲気が格段にアップします。

 

私の思い込みかもしれませんが、日本のお部屋って、

海外(特に欧米)のそれにくらべて絵やポスターが

飾ってある率が低いように感じます。(文化の違いと言われれば、そうかもしれませんが、、、)

 

映画のワンシーンや雑誌等でお部屋に印象的な絵が堂々と掛けてあったり、

壁一面にポスターや写真が並べてあるのを見かけることがありますよね。

かっこいいと思ったことはありませんか?

 

壁に絵やポスター、写真、オブジェを

飾ることにより、センスあるお部屋を演出したり、

リラックスできる空間を演出したり、

いろいろな効果を期待できます。

 

展示場のモデルハウスを例に6パターンのシーン演出をご紹介します。

 

1.上品な雰囲気を演出

もっともオーソドックスな飾り方ですね。

高さは立った時の目線の位置あたりに持ってくるといいそうです。

落ち着いた色合いでシックな雰囲気を醸し出しています。

 

このくらいの大きさの絵を飾る際は注意が必要です。

リアルな人物像はいつも誰かに見られているような

視線を感じるので避けた方がいいでしょう。

 

2.リラックスできる空間を演出

寝室です。

リゾートホテルのような雰囲気を演出してます。

このように1枚の絵を複数枚に分けて並べた飾り方も素敵ですね。

やはり寝室には、色数を抑えたシンプルで

優しい色合いの絵がお似合いです。

 

3.組み合わせで動きを演出

ポストカードサイズの絵を組み合わせて飾った例です。

縦と横の混合で並べることでダイナミクスさを演出しています。

 

大きいサイズの絵ですとポスターといえどもそれなりの金額になります。

ポストカードサイズはお手頃なお値段で手に入れることができます。

工夫しだいで小さくても存在感を出せますよ。

 

4.さりげないおしゃれを演出

一番お手軽で効果の高い飾り方かもしれませんね。

カウンターや棚の上など、ちょっとしたスペースを活用します。

さりげなく飾ることでオシャレ感を演出できます。

 

5.高級感を演出

これはちょっとハードルが高いかもしれません。

照明により存在感がぐんと増しています。

高級なお家をより高級に演出するのに適しています。

 

6.シンプルなカジュアル感を演出

オブジェと共にランダムにポスターと写真を

飾ることによりカジュアルさを演出しています。

同色でまとめたことによりカジュアルになりすぎず、

部屋の雰囲気を壊していませんね。

 

いくつかご紹介しましたが、正解や間違いは

ありませんので、ご自由な発想でお部屋や

ご自分の生活スタイルにあった楽しみ方を

されるのが一番だと思います。

 

最後に、飾る際の重要なポイントのひとつが額縁です。

 

絵やポスターに合っていることは

もちろんのことですが、部屋の雰囲気に

合っているもの、演出したい雰囲気に

合っているものを選ぶようにしましょう。

 

今回ここで紹介した写真はすべて、

熊日八代住宅展の弊社のモデルハウス

(セルコホーム熊本中央)でご覧に

なることができます。

 

ぜひモデルハウスへ足をお運びいただき、

実際に見ていただければと思います。

参考になれば幸いです。


カテゴリー: お役立ち情報

このブログを書いた人

名前
重岡 聡
所属
熊本本社
事業部
管理部
血液型
B
趣味
音楽を聴くこと・演奏すること
一言
音楽が大好きです。 一緒に演奏できる仲間がいればうれしいですね。

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問