明るさで考える照明の上手な選び方

私たちが日々生活する中で必要不可欠な照明。

照明を選ぶ時、何を基準にして選んでいますか?

 

明るさはもちろんですが、形・デザイン・大きさなど

色々な決め手があると思います。

今日はそんな中でも照明の

“光の色”について少しご説明したいと思います。

 

1.照明を選ぶ時に大切な光色について

まずは皆さん、Κ(ケルビン)ってご存知でしょうか。

この記号は照明などの光源の光色を

数値で表したもので、赤みがかったものほど

数値が低く、青みがかったものほど高い数値になります。

 

次に照明の色味ですが、主に電球色、温白色、

昼白色、昼光色の4つに分かれます。

電球色は黄色く暖かな光で、そこから昼光色に

向かって青白く涼しげな色になっていきます。

 

例えばろうそくや焚き火の炎を2000Kとすると、

電球色は2700~3000K、温白色は3500K、

昼白色は5000K(白くやわらかな光)、

昼光色は6200K(青白い光)となります。

照明では主に電球色・温白色・昼白色が使われていますね。

 

2.部屋に合わせて照明を使い分ける

色がいくつあるのか分かったところで、

ではどのような部屋にどの色が

適しているのかをご説明したいと思います。

 

まずは一番暖かみのある電球色

こちらは主に落ち着いたくつろげる

空間にしたい所などにオススメです。

例えばリビングやダイニング、寝室やお風呂などです。

 

次に一番白っぽい昼白色ですが、

こちらは爽やかで活動的な空間にしたい所や

明るさ重視の所にオススメです。

キッチンや子供部屋、作業がメインの部屋などです。

 

最後は温白色です。

温白色は電球色と昼白色の間のような光で、

一番自然な明かりなので暖かさと明るさを

両立したい所などにオススメです。

 

でも、同じ場所で色々な色を使い分けたい!

という方は、色切り替えが出来る照明器具なども

ありますので適材適所で使い分けてみるのもいいですね♪

今後照明を見に行く機会がありましたら

ぜひ色にも注目してみてください(^^)


カテゴリー: お役立ち情報

このブログを書いた人

名前
小川 有紗
所属
久留米支店
事業部
建築部
血液型
A
趣味
読書
一言
お客様の想いをカタチにし、プラスアルファのご提案ができるよう日々勉強で頑張ります!

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問