CSSテストページ

CSSテストページ

中島有信さん

お客様の一生に一度の大イベントに関われる幸せ。
毎日刺激がある、やりがいにあふれた職場です。

中島 有信さん
本社分譲住宅事業部・主任
2014年入社

入社のきっかけは?
地元・熊本の企業に就職したいと思い、CM などで名前をよく聞く会社だからと会社訪問に訪れたのが「タカスギ」でした。そこで明るく活気のある職場の雰囲気に一目惚れ。さらに「家の引き渡しの時には、お客様家族も自分も感激して泣いてしまう」という先輩の話に、「そんなに感動できる仕事があるんだ」と自分も感激しました。 他業種でも数社内定を頂いていたのですが、「やりがいのある仕事をしたい!」という気持ちが強く、「タカスギ」への入社を希望しました。
やりがいを感じるのはどんな時ですか?
やはり一番は契約に至ったときです。しかし契約を取れて終わりでなく、そこからが家づくりのスタート。施主様と設計士とを繋ぎ、時にはいろんなご相談を受けながら、家が完成するまで半年近くサポートします。ご家族の深いお話しを聞くことも多く、思い入れも強くなりますね。お引き渡しの時、家づくりの様子を収めたDVD を流すのですが、施主様は涙を流して感激してくださいます。「一生の大イベントに自分も関わったんだ」と私の胸も熱くなり、やりがいを感じる瞬間です。
現在のお仕事内容は?
住宅販売の営業として、顧客の新規開拓と顧客管理を行っています。平日は住宅街などを回って飛び込み営業を行ったり、土日等来場頂いたお客様宅を訪問したりしています。最初は呼び鈴を鳴らすのさえも緊張していました。しかし、毎朝のミーティングで社長自ら営業のロールプレイングをしてくださったり、先輩に営業トークを見てもらったりとじっくり育てていただき、徐々に自信がついてきました。自分自身の人間的魅力を高めることで、訪問先の方に信頼してもらえるよう頑張る日々です。
会社の魅力、職場の雰囲気は?
私はまだ若手ですが、社長をはじめ先輩や上司は「下を育てよう」という思いが強い人ばかり。質問した以上のことを丁寧に優しく教えてくれ、安心して働くことができています。ものすごい成績を収めている先輩も多く、私の目標として背中を追う日々です。社長は常々「自分をサラリーマンと思わず、個人商店と思え」と言われます。給料取りではなく一社長のような気持ちで自身を高め、自分を売り込むような気持ちで毎日の営業に望んでいきたいと思います。
樫本友季さん

文系の学部出身で未経験から始めた設計の仕事。
柔らかい感性を生かして夢の住まいを形にしたい。

樫本 友季さん
注文住宅事業部 設計
2013年入社

入社のきっかけは?
営業の仕事を中心に就職活動をする中、「タカスギ」の営業職志望で入社試験を受けました。ところが会社から「設計職で入社しないか?」との連絡があり、驚きました。実は私の父は建築士で、私もその姿に憧れがあったのです。とはいえ私は文系学部出身で、設計は全くの未経験。それでも、小さい頃からずっと見ていた父と同じ仕事に就けることがうれしくて、快諾しました。偶然の展開に不思議な縁を感じつつ、固定観念にとらわれない「タカスギ」の採用方針に驚いた瞬間でもありました。
やりがいを感じるのはどんな時ですか?
私が提案した図面にお客様が納得いただき、「樫本さんの図面住みやすそう!」と言ってもらえたときです。注文住宅はゼロからのオーダーメイド。お客様のご希望や暮らしに合わせ、土地の形状や方角も加味しながら作る作業は大変ですが、達成感も大きいです。実は先日、初めて自分がゼロから図面を起こしたお家の引き渡しがありました。施主様に「樫本さんにお願いできてよかった」と言ってもらえて私も感激でした。この喜びを胸に、お客様の夢を形にすべく一層頑張っています。
現在のお仕事内容は?
注文住宅の設計担当として、上司や先輩に付きながら、施主様との打ち合わせや図面起こしを行っています。全くの未経験からのスタートだったので、最初は「わからないことしかない」状態。その分施主様の目線と近く、疑問や不安に思われている点を感じ取りやすかったり、柔らかい感性を生かせているように思います。設計の実務は経験豊富な先輩方がじっくり指導してくれ、現場でできることも増えてきました。専門学科卒の同期や後輩にも負けないように勉強を重ねる日々です。
将来の夢や目標は何ですか?
今の一番の目標は、二級建築士の資格を取ることです。専門学科卒ではないので、7 年間の実務経験が必要で、試験もとても難しいと聞きます。でも、社内には資格取得者も多くいますし、会社によるサポートもあるので、焦らずじっくり試験に備えていきたいと思います。他にも宅建や建築士、インテリアコーディネーターなど、取りたい資格はたくさん。私を設計で採用してくれた会社の期待に早く応えられるよう、いろんなスキルを身につけ実務を重ねて、独り立ちして業務を行えるようになりたいです。

開く

閉じる

よくある質問