揺れを最大約60%軽減する制震技術

れを最大約60%軽減する制震技術

耐震基準を満たすだけでは、安心には繋がらない

地震国日本では何よりも地震に強い家づくりが基本です。
住宅には耐震基準が設けられており、国から定められた基準をクリアしなければ、家を建てることができません。

現在、1981年に導入された新耐震基準が適用されています。
新耐震基準は、震度6強~7の大地震でも倒壊や崩壊はしないことを目安にしています。
しかし、この新耐震基準は1度目の地震に耐えることのみを想定しており、複数回の大きな地震に耐えることは想定されていません。
結果として、基準を満たしている建物が熊本地震で半壊、倒壊の被害が出ています。

熊本地震後、連日ニュースやテレビ、新聞などで「想定外」「前代未聞」などの言葉を見たり、聞いたかと思います。
耐震基準は国が定めた最低ラインであって、安全の保証ではありません。

過去の大震災から、耐震構造にプラスして制震などの、地震対策の導入が重要視され始めています。
TAKASUGIが導入した制震システムは、地震の恐怖を感じさせない安心の暮らしを提供します。

制震システムV-RECSは、揺れを最大約60%軽減し家族と家その両方の未来を守る

TAKASUGIが導入した、制震システムV-RECS<SG>は地震の揺れを吸収し、揺れを最大約60%軽減します。
例えば100㎜の揺れ幅を、40㎜の揺れ幅に抑えてくれるのです。
揺れを軽減することで、耐震基準の想定を超えた複数回の地震にも耐え、建物への大きな損傷を回避し、家族と家その両方の未来も守ります。

一時的な倒壊の回避だけをめざす耐震基準ではなく、地震エネルギーを制御する制震技術こそ重要です。
大きな地震でその時は倒壊はしなくても、繰り返す余震による接合部の金物の損傷で、被害が拡大して住めなくなる危険性を回避します。

地震の揺れを最大約60%軽減 建築センター波(BCJ-L2)50カインで解析した場合の応答解析結果

実大実験が証明した確信の制震力

V-RECS<SG>の制震力は実大実験の実験データが証明しています。
同じ条件でV-RECS<SG>を設置した場合と設置しない場合で比較することで、変形抑制効果が実証されました。
変形抑制効果とは、2階の床の揺れ幅を指します。

木造軸組工法2階建て(耐震等級3設計)の建物を95ガルで20回加振します。
ガルとは加速度を単位で表したもので、95ガルはおおよそ震度5の大きな揺れと同等です。
こんなに大きな揺れを20回加えても、柱の引き抜きを抑える接合金物の変形や、ビス・ナットの緩みはありませんでした。
この結果から、V-RECS<SG>は大地震に耐えるだけでなく、その後の余震による接合部の金物の破壊を防ぎ、建物の倒壊を防ぎます。



実験終了後の接合金物の状態です。
20回加振しても変形や緩みはありません。
※弊社が利用する金物とは異なります。

家づくりのプロが認めた技術と製品

住宅建設技術者のための実務情報メディアとして知られる、日経ホームビルダーの読者などを対象に行われた「採用したい建材・設備メーカーランキング2015」のアンケート調査で、V-RECS<SG>のカネシンは戸建て住宅用制振部材部門で第1位を受賞しました。

TAKASUGIはお客様の大事なお住まいをつくるプロとして、プロに認められた技術のみを採用しています。
カネシンの制震システムV-RECS<SG>は紛れもなく、家づくりのプロに認められた技術と製品なのです。

日経ホームビルダー 建材・設備メーカーランキング2015 戸建て住宅用制震部材部門1位
V-RECS SC 制震メカニズム

地震対策をしない時の経済的なリスク

地震対策を十分に行わずにお家を建てると、経済的に困難な状態に陥る可能性があります。
ほとんどの方がお家を建てる時に、35年ローンのお支払いを選択しています。
35年ローンという長期間の返済をしている途中で、大地震が起こり、もしもお家が倒壊した場合どうなるでしょうか。

震災によってローン支払いの自宅が、全壊して住めなくなったとしても、ローンの支払い義務は基本的にはなくなりません。
そうは言っても住む場所が必要なので、賃貸または再び新築を建てることになります。
再び新築を建てると、新たに住宅ローンを組むことになるので、二重ローンになるリスクがあります。

過去の大震災、阪神淡路大震災では、約1万5000人が二重ローンを背負わされました。
倒壊した既存の住宅ローンと、再建のための新たな住宅ローンの二重返済を強いられたのです。
二重ローンのリスクを回避する手段の一つとしても、制震システムを導入した地震に強く、倒壊のリスクを限りなく減らしたお家の選択が大切です。

数十万円で導入できる制震システムにより、数千万円の二重ローンのリスクを回避できます。
家族を震災による経済的なリスクにさらさないためにも、地震対策について改めて考える必要があります。

地震によって倒壊の被害に遭った建物
地震によって倒壊の被害に遭った建物

地震はいつ起きるか分からない、だからいつでも備えることが大切

全世界で起きている地震の約10分の1は、日本で発生している事実をご存知でしょうか。
国内で発見されている活断層だけでも2000を超えます。
そんな中、九州は比較的に地震の発生数が少ないと思われがちです。
しかし、これだけの活断層が発見されており、さらには地下には隠れていて発見されていない活断層も存在します。
これだけの地震のリスクにさらされる生活を強いられる日本において、地震に対する対策がいかに重要か、お分かりいただけると思います。
少しでも早く、自宅だけでも安全な場所として確保することが重要です。

本棚などが倒れるイメージ

V-RECS<SG>はメンテナンスフリーで60年以上の制震力を発揮します

カネシンのV-RECS<SG>は、一般的な制震ダンパーとは違いメンテナンスフリーです。
一般的な制震ダンパーには、よくオイルが使われます。
オイルダンパーの欠点は、オイル漏れなどの恐れから、定期的なメンテナンスが必要なことです。
地震対策としてせっかく導入した制震技術が、オイル漏れによって効果を発揮できない恐れがあれば、その効果をいつも信頼しておくのは難しいはずです。

そもそも制震ダンパーは建物の内部に組み込まれる物です。
建物内部にある物をメンテナンスするには、壁を取り外すしかありません。
壁を外してのメンテナンスは、費用や時間が掛かります。
メンテナンス中に地震が起きてしまったらどうなるのでしょうか。
これらの点を考慮すれば、制震ダンパーはメンテナンスフリーであることが不可欠です。

カネシンのV-RECS<SG>には、オイルではなくゴムが使われています。
それもただのゴムではなく、高減衰ゴムを使用しています。
高減衰ゴムは、元々は巨大な橋の制振のために使われていました。
そのためエネルギー吸収性・堅さ・長期耐久性の3点を重視して作られています。
V-RECS<SG>に使用されている、高減衰ゴムも耐久力に優れ、60年以上メンテナンスが不要です。
設置したその時から制震力が60年以上損なわれることなく、発揮され続ける制震システムは、他に類を見ない最新鋭の制震システムです。

一般ゴムと高減衰ゴムの比較

火災に強く保険料がお得な構造体
省令準耐火構造

長く安心して住める地盤保証20年
地盤保証20年

開く

閉じる

よくある質問