カレーのスパイス

皆さんこんにちは、注文住宅事業部の西尾です。



突然ですが、皆さん、

カレーはどのように作りますか?



市販のルーから作りますか、

それともスパイスから作りますか?



ほとんどの方は前者だと思います。

そもそもルーとスパイスの違いは何でしょうか?



ルーは、スパイス、旨味成分、

小麦粉、油などからできており、

それだけでカレーができます。



しかし、スパイスだけでは旨味等がなく

皆さんが想像されるカレーの味にはなりません。



スパイスには数多くの種類があり、

様々な料理に使用され、色、

辛味、香りをつけてくれます。



またそれぞれにカラダに嬉しい効能があります。



本日はよく使用される3種類の

スパイスについてご紹介させていただきます。



まずは、カレーの黄色の原料であるターメリック(うこん)。



肝機能の改善、アルコール代謝作用、

コレステロール値低下等があります。



続いて、香辛料のレッドペッパーには、

新陳代謝・消化促進、美肌効果等があります。



最後にカレー粉特有の香りを持つクミンには、

消化促進、食欲増進等があります。



様々な種類のスパイスを配合し、

自分好みの味、香りがするカレーや

その他の料理を作ってみるのはいかがでしょうか。


カテゴリー: スタッフブログ

このブログを書いた人

名前
西尾 翼
所属
注文住宅事業部
事業部
建築部
血液型
O
趣味
サッカー・カレー屋巡り
一言
今は未熟者ですが、早く皆様のお役に立てるよう日々精進します。

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問