読み込み中...

TAKASUGI タカスギ株式会社

建物のこと

2022.03.07

部屋の広さが変わる?「モジュール」って何?

こんにちは。

タカスギ住まいづくり情報局です。

皆様のお役に立てるような、家づくりに関する豆知識をご紹介しております。

 

今回のテーマは【モジュール】です。家を建てられたことがある方でも、知らない方がいるかもしれません。

しかし実は家づくりにおいて、とても重要な要素です。詳しく見ていきましょう。

 

①そもそもモジュールとは何?

モジュールとは家を建てる際の基準となる寸法の事です。主に1mを基準とするメーターモジュールと一尺(約0.9m)を基準とする尺モジュールに分かれます。

簡単に言うと柱と柱の間の長さが1mの倍数か、0,9mの倍数かの違いです。尺モジュールの方が昔からの木造住宅で使われている方法で、メーターモジュールは一部のメーカーで使われ始めた新しい方法です。

 

②モジュールが違うとどうなるのか?

モジュールが違うと、家の大きさ(坪数、畳数)が同じでもサイズが変わります。

例えばメーターモジュールの場合は1畳の大きさが2㎡、1坪の大きさが4㎡に対し、尺モジュールの場合は1畳の大きさが1.62㎡、1坪の大きさが3.24㎡となります。つまり同じ坪数、畳数の場合メーターモジュールの方が大きい家となります。

 

③メーターモジュールの特徴

メーターモジュールは柱間の距離が長くなるため、トイレや風呂、廊下、階段などが通常よりも広くなります。

そのため、ゆとりのある空間を作りやすいです。

逆に短所として挙げられるのは、費用がかさむ可能性がある点です。通常尺モジュールに合わせて、住宅の建材や商品は作られます。そのため、メーターモジュールだと一部建材をつなぎ合わせて使用しますので、費用が上がる可能性があります。

もちろん、採用しているメーカーが独自の商品形態をしていることもございますので、一概に上がるとは言えません。同様に風呂やトイレといった設備も、基本的には尺モジュールに合わせて製作されていますので、メーターモジュールで使用すると空いたスペースが出る可能性もあります。

 

④尺モジュールの特徴

尺モジュールは昔ながらの方法で、多くの工務店やハウスメーカーで採用されています。そのため設備や、建材などもこちらに合わせて作られていることが多く、不都合が起きにくいです。また、サイズの比較をする際に分かりやすいという特徴もあります。

逆に短所としては、メーターモジュールに比較すると柱間の幅がせまいため、廊下や階段は狭く感じるかもしれません。

 

まとめ

・家を建てる際の基準の長さがモジュール!

・メーターモジュールと尺モジュールの2種類がある!

・同じ坪数でもモジュールが違うと面積が変わる!

 

メーカーがどちらを採用しているかを確認しましょう。

どちらのモジュールを使っているのかは、メーカーによります。特にメーターモジュールを採用しているメーカーを見る場合は、他のメーカーの建物に比べやや広めになっている事を考慮しておきましょう。

 

 

 

分譲地・建売住宅・注文住宅に関するお問い合わせ・お見積り等、お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせは、お近くの各事業所までご連絡ください。(お電話受付時間/9:00~18:00 ※火・水曜日定休)

  • セルコホーム
  • Wolters
  • roassokumamoto
  • CMギャラリー
  • 火の国サラマンダーズ
  • SDGs
ページの先頭へ サイトマップへ 土地・分譲住宅 おまかせ土地探し