木の床(無垢)のへこみを一晩で補修する裏ワザ

無垢の床材って柔らかさがあって、

足ざわりが良いので気持ちいいですが、

少しキズに弱いとこが難点でもありますよね。

 

特に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では

小キズが日に日に増えるのが悩みの種ではないでしょうか。

 

我が家も子供が小さいので、

キズへこみが徐々に増えてきました。

そこで昔からよく聞いていた方法を試してみました。

 

このくらいのキズがあります。

 

 


キズの上に水を数滴垂らします。

 

そして、半日後水を吸ってこの位まで戻りました。
完璧にとはいきませんが水分を吸うことにより、

つぶれた床の形がある程度は元に戻りました。

この後、水分が蒸発するので数週間様子を見てましたが、
痩せてへこむことなく、今ではほぼ気にならないレベルになってます。

 

キズが膨らむまでに時間がかかるので、

夜寝る前に水を垂らすのがおすすめです。

キズの度合いや、キズが出来て時間が経ってるものは解りませんが、

とりあえず試す価値はあります。

あくまで裏ワザ的補修方法なので、

もし、試されるときには、注意として水でシミが出来たり、

カビの原因になる可能性がありますのでご注意ください。


カテゴリー: お役立ち情報

このブログを書いた人

名前
衛藤 治彦
所属
注文住宅事業部
事業部
建築部
血液型
AB
趣味
車でサーキットで走る事。バス釣り。少しゴルフを始めました。
一言
お手伝いさせて頂いた作品全てに柱一本から魂入れて設計します。

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問