節水トイレの正しい使い方とおすすめのお手入れ方法

こんにちは。リフォーム部です。

今回はトイレのお話をしようと思います。

 

トイレには節水トイレという物があるのはご存知でしょうか。

タカスギの新築物件やリフォーム物件にも必ずと言っていいほど

各メーカーの節水トイレを採用しています。

 

各メーカーが新素材を開発し、落ちにくい汚れも

水を流すだけでツルッと落ちるので、

いつも清潔でお掃除ラクラクなトイレです。

 

しかし、使い方を間違えるとつまりの原因になります。

今回は節水トイレの正しい使い方とおすすめのお手入れ方法をご紹介します。

 

40年以上前のトイレは約20リットル(2リットルペットボトル10本)の水を使い洗浄していました。

ただ、1日に何回も使うトイレなので水道代が無駄にならないよう、

各メーカーが改良を続け20リットルから13リットルへ

13リットルから10リットルへと年々洗浄水の削減をしています。

 

今では3.8リットル(小洗浄)と各メーカーが大幅な節水を実現しています。

ただ、3.8リットル(小洗浄)という少量で流すため、

誤ってペーパーを小洗浄で流すと詰まってしまいます。

 

トイレを詰まらせない為にペーパーを流す場合は大洗浄を使ってください

万が一ペーパーが詰まってしまった場合は、

ラバーカップ(通称 すっぽん)で解決することができます。

排水穴へ押し当てて何回か引っ張ると詰まっていた物が取れて流れるようになります。

他にもぬるめのお湯を便器に入れてペーパーが溶けるまで待つ方法もありますが、

誤って熱湯を入れると便器が割れるのでご注意ください。

 

最後に簡単なラクラクお手入れの方法をご紹介します。

便器にペーパーを敷いて、トイレ用洗剤を染み込ませ3分放置し、

ブラシで擦ると綺麗になりますよ。

ただし、放置し過ぎて輪じみになった汚れは落ちにくいので

こまめなお手入れが肝心です。


カテゴリー: お役立ち情報

このブログを書いた人

名前
江藤 祐一
所属
熊本本社
事業部
カスタマーサポート
血液型
A
趣味
温泉巡り・ドライブ・パソコン・洗車
一言
お客様に「タカスギで良かった」と満足感を味わっていただける"住み処"を提供し続けます。

最近書いた記事

開く

閉じる

よくある質問